いくらそこのお店が美味しくても、、

いくら安くても、、

いくら有名でも、、

もう2度と行きたくないガーン

と、

お客様の気持ちが瞬時に変化してしまう。

私は2日連続でその経験をしましたアセアセ

その大きな原因は

【接客】です。

1日目は

めんどくさそうに、笑顔もなく

ブサっとした表情でお金を渡され、

2日目は

焼肉屋さんに行き、

注文した物がなかなかこなくて、

店員さんに声をかけたところ、

「大変お待たせしました」や

「申し訳ございません」もなく料理を出され

最後のお会計の時には

「ありがとうございました!!」

の言葉もないタラータラー

お客様は人につくってこういうことか!!!!

と、そこで改めて気づきました。

私は、仕事をはじめた頃、

自分の母でもあるオーナーに

何度も言われてたことがあります。

それは、

—————————–

いくら技術や知識があってもダメ。

お客様からみて私たちは

プロなんだから技術や知識はあって当然。

その中に、

お客様が笑顔で帰っていただくためには、

どうしたらいいか、

人が見ていないところで何をするか、

ほかの人が気づいていないところに

気づけてるか、

あなたにやってもらいたい!!

って思って頂けるように、、

そして、

お客様は神様だと思いなさい。

そうしたら、どんなお客様でも丁寧に

接客や施術ができるでしょう??

—————————–

この言葉にはグッときました。

そして気づきました。

連日でこういうことが起きたということは、

自分にも何か伝えられてる、

見せられてるんじゃないかと、、

かっさをはじめて5年目に入りましたが、

私もその接客に対して、

疎かになっていたり来て頂くのが

当たり前になってしまっているのかもしれない、、

お店側は、

【たくさんのお客様と私】

お客様側は、

【お客様おひとりと、私】

そうなると、

1人1人丁寧な接客を心掛けないと、

お客様は不快な気持ちになってしまう。

これまで、

きちんと接客は笑顔でと

心掛けてはいますが、

初心の心はいつになっても

忘れてはいけないということを

今回の経験で改めて気づき、

勉強になりましたm(_ _)m

何歳になっても勉強とよく聞きますが、

ほんとにそうだと思います。

若いから、、

という理由で

しょうがないと思われることは悔しいので、

お客様を綺麗にさせて頂く仕事をしている限りは

心を広く、そしてクリアに、、、

いつでもいたいと思いますハートキラキラ

これからもお仕事もプライベートも

思いっきり楽しみ、

笑顔いっぱいで過ごしていきます爆笑爆笑星

何があっても

笑えばなんでもよくなりますよね笑い泣き

思いっきり笑いましょう笑い泣き笑い泣きアセアセ上矢印上矢印

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。